ドラマと映画の比較

主演女優の美しさがウリか

幕末高校生というと筆者的には先に話した映画を想像する、それはこの作品を興味本位で見た人すべてがそう思うはずだ。しかし中には同名タイトルだが、出演している役者とストーリーの内容が微妙に異なるものを想像する人もいる。それは90年代中盤頃にて、フジテレビ系列で放送されていたドラマだ。こちらの作品についても筆者は今の今まで知らなかった、そもそもこの当時ドラマというものに興味を持つ年齢でもなかったので、知らなくてもしょうがなかったかも知れません。

同名タイトルのドラマと映画、これは続編として物語に一貫性があるわけではなく、単独の作品としてそれぞれ設定などを持ち越して使用しているだけだ。ただ映画がドラマの構想から生まれたものであるのは間違いないようで、およそ20年という時を超えて生まれた事になる。

そんな映画とドラマですが、内容的にはどうなっているかというと当時と現代の事情を鑑みた内容になっています。映画は先に話したとおりですが、94年に放送されたドラマはどういうものだったのか、まずそこから見ていこう。

ドラマたのしいよドラマ

友人紹介割引、ご家族割引などの設定もございます。お気軽にご相談!新宿サウス歯科・矯正歯科では、もちろん、トータルケアとして、総合での治療をされた場合に限り、自費治療の割引の設定

ドラマと映画を比較

ドラマの場合

94年に放送されていたドラマ版幕末高校生、こちらの作品でも幕末の時代に高校教師と生徒3名が突如タイムスリップをしてしまいます。原因となるのは訪れていた修学旅行先の映画村で地震に遭遇したためだ。最初はタイムスリップしたことに気づいてすらいなかった4人は、辺りの異常に気づいた頃には新選組に追われる羽目になる。江戸幕府の時代において、西洋風の服を着ている事自体が異端とみなされ、鎖国政策が強かったことから何者だと騒ぎにまで発展してしまいます。

一時期は新選組の屯所にて牢に入れられるも、歴史の偉人である佐々木象山に匿われることで事なきを得るのだった。その後現代に戻るため、象山に協力する形で地震予知系を完成させるために奔走する。その後なんとかタイムスリップに成功したが、彼らの残した爪痕が過去から未来へ繋がるように刻み込まれてしまったことが、エンドロールで語られています。

映画の場合

映画についての内容もまた同様に江戸幕府、その末期に当たる時期へとタイムスリップしてしまいます。しかしそこで繰り広げられるのは史実で語られるはずの未来とは全く異なる展開を見せる、間違った歴史が再現されようとしていた。このままではあるはずだった未来がやってこない、なんとか歴史を軌道修正するために主人公たちは勝海舟と協力して未来を取り戻すために奔走するという、そういう展開になっています。

無駄にアダルティな教師と個性豊かな生徒たち

世界観や設定が何かと気になる物語ですが、出演している役者さんにも注目してもらいたい。この作品では常に偉人と関わる主人公たちだが、そんな都合よく当時の重要な人物と遭遇する事のほうが稀有ではないのか、などとも思ってしまう。それはフィクションなのでご都合主義が許される内容だ。そんな作品で偉人を熱演、またタイムスリップしてしまった教師と生徒を演じてきた俳優さんを見ると、今をときめく人、また映画では石原さとみさんを始めとした個性豊かな俳優が出演していた。

映画もそうだが、ドラマも出演している人が今でも現役で活動している方々となっている。

1994年版 2014年版
主演 細川ふみえ 石原さとみ
生徒A 武田真治 柄本時生
生徒B 小林恵 川口春奈
生徒C 山本太郎 千葉雄大
偉人A 石橋蓮司 玉木宏
偉人B 仲村トオル 佐藤浩市
偉人C 大杉漣 篠井英介

便宜上、生徒と偉人はどちらの作品も共通性がないので『生徒』・『偉人』で括っているが、ドラマ版での配役は誰もが知っている方ばかりと言えるでしょう。

そんな作品で主演を勤めている女優さんですが、細川ふみえさんにしても石原さとみさんにしても、艶やかさが溢れていて本当に高校教師なのかというエロスが漂っている辺りが、なんだかリアルに欠けている。盛り上げるための華として必要なのかもしれないが、綺麗すぎるというのも問題だ。どちらも基本コメディタッチで物語は展開していくので、単純に作品の面白さだけを追求して見たほうが気楽でいられます。

実写化が許せない方へ

何をするにもロケーションが良いバンコク ゴルフ golf.pptours-bkk.comありますよ!

ドラマ版の存在

幕末高校生はかつて放送されていたドラマを元にして、2014年に映画が公開されている。では肝心のドラマについて見たいという人がいるとしよう、残念ながら当時の映像はほとんど残されておらず、そしてなんと映像化もされていないのです。理由は色々あるのかもしれませんが、当時ビデオで録画していた人をなんとか見つけ出して見るしか手段は残されていない。

そのために幕末高校生の存在を映画で知って、後にドラマで放送されていた世界観を用いて作られたと知った人ほど、興味から見たいと思った人は多かったのではないでしょうか。地味にソフト化を期待する声は今でも聞こえてくるものの、20年以上時間が経っていることを考慮すると難しそうだ。